デメリットの回避策

デメリット3つと回避策を紹介します。デメリットの1つ目は、不動産一括査定に参加していない会社は申し込めないことです。不動産一括査定サイトの運営者は、自分のところのサイトに加入してほしい旨の営業をして、参加する不動産会社を増やしているため、日本全国のすべての不動産会社が見つかるとは限りません。もし、地域密着の不動産会社が信頼できると決めていれば、サイトを使用せず、最初からそこに依頼した方が賢明です。デメリットの2つ目は、珠玉混合という点です。

頭抱えるこれは、不動産会社だけが悪いのではなく、不動産一括査定サイトを運営している運営側のモラルにも抵触します。悪徳かどうかを気にせずに、とにかく多くの不動産会社と提携してしまった場合、利用者側だけが損をしてしまいます。このため、サイト運営側の姿勢をきちんと見極めるようにしましょう。

デメリットの3つ目は、魅力ある物件を売却する場合、申し込みの直後から多くの不動産会社からひっきりなしに営業電話が掛かってくる点です。不動産会社は不動産の一括査定サイトから申し込んだ客と早く連絡を取りたいと考え、最初に連絡をし、良い契約を取り付けたいと考えています。回避方法としては、本見積もりではなく、あくまで概算見積もりということは不動産会社側に伝えらるようにしましょう。