土地売却の一括査定

パソコン土地売却をしようとするとき、不動産売却の一括査定を使うと、数百万から数千万も不動産が高く売れた人が多くいます。また、インターネットで調べると、不動産を高く売るなら不動産一括査定サイトがおすすめ、と紹介されているサイトが年々増えています。しかし、不動産一括査定を利用する上で、そもそも不動産一括査定とは何か、そしてどういうサービスか、不動産一括査定は安全か危険か、メリットは多く聞くけど、デメリットはあるか、といった疑問を持ちます。結論から言うと、不動産一括査定サイトは、売却を考える人にとっては、メリットがとても大きいサービスです。ただし、デメリットを知らないまま、申し込むと、こんなはずではなかったと後悔する可能性があります。

まず、不動産一括査定サイトについて説明します。不動産一括査定サイトを利用すると、売りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力するだけで、適切な不動産会社を自動的に選び出し、複数の不動産会社へ、すぐに査定依頼ができます。なぜ、このようなサービスがあるかというと、不動産一括査定サイトの運営者は、不動産会社より顧客紹介料を報酬として貰えるからです。客が不動産一括査定に申し込み、得た情報が複数の不動産会社に送付され、その情報料を不動産会社から貰うビジネスモデルが出来上がっています。不動産売却の一括査定をうまく使用するには、メリットとデメリットを把握する必要性があります。そのメリットとデメリットを把握しいていなれば、損をする可能性が高いからです。

不動産売却のための査定

不動産物件を売却しようと考えたときに、以前は購入した不動産会社がそのまま査定を行なっていたということから、多少安めであっても売却に同意していたということがあるといいます。それが、現在ではインターネットの普及によって、不動産売却のための査定を複数の不動産会社が行なうように設定されている査定サイトが稼動していまして、多くの人が売却の際の査定では利用しています。購入したところでの買い取りだけが手段ではないということになってきたのです。

もちろん、複数社が同時に不動産売却のための査定に参加するためには、そのためのシステム的な準備が整っている必要があります。サーバーにシステムを構築して運用するということであっても、保守などには投資が必要になるのでおいそれとできるシステムというわけではないですが、それをあえて大規模なシステムとして運用できるような体制を作り上げているということになっています。売却する人の利益が大きくなる仕組みが大規模システムを備えたウェブサイトとして運営されているのです。

不動産売買における査定基準の検証

不動産売買について査定の基準というものがどのようななっているのか、ここではマンションを例にとって説明してきます。マンションの場合は、まず地理的要因がひとつ重要なものになります。交通の便はどうか、周辺環境はどうか(騒音など)、生活の利便性(コンビニ、病院などがあるかどうか)、マンションの景観などです。

駅から近く、周辺に便利な設備があるところほど価格は高くなります。マンション自体も査定に大きく影響します。築年数、間取り、共用部分の設備状況、向きと日当たり、セキュリティー設備の状況などの項目です。築年数は浅いほどよいし、間取りは使い易い、広いほうが価格は高くなります。オートロックなどセキュリティーがしっかりしているところのマンションが査定は高くなります。その他に、駐車場、駐輪場の状況、分譲会社・建設会社の信頼性というものも項目として挙げられます。このように不動産の査定は複数の項目を総合的に判断して決められていきます。